ニチリン化学工業株式会社

特殊品

キッコレートNAシリーズ(アンモニウムCMC)

カルボキシメチルセルロースアンモニウム

品番 乾燥減量(%) 1%粘度(mPa・s)* pH 灰分(%)
NA-3L 10~20 10~50 5.0~8.0 0.50以下
NA-L 10~20 100~300 5.0~8.0 0.50以下
NA-M 10~20 400~600 5.0~8.0 0.50以下
NA-H 10~20 750~1,000 5.0~8.0 0.50以下

*乾量1%水溶液、BM型粘度計25℃ 60rpmによる

製品情報

アンモニウムCMCは、カルボキシメチル基の末端がアンモニウム(NH4)で置換されたCMCです。アンモニウムCMCは、分子中にナトリウムを含まないため灰分が非常に少なく、また加熱すると分解してNH3が外れ酸型CMCに変化し水不溶性になります。これらの特性を生かし、電池・電子材料やセラミックスなど幅広い分野で使用されています。

濃度と粘度の関係

CMC水溶液の粘度は、その濃度が高くなるにしたがって急激に上昇します。一般的には濃度が2倍になると、粘度は約8~10倍に達します。


アンモニウムCMCの熱重量変化

アンモニウムCMCの熱分析を行った結果、約50℃から水分が揮散し、約100℃からアンモニアが脱離、約200℃から炭化燃焼が進んでいきます。


キッコレート繊維状CMCシリーズ

品番 乾燥減量(%) pH  
LD-A 69~79 4.9~6.9 水解紙用
HC-M 65~80 2.5~4.5 水溶紙用

製品情報

繊維状CMCは、水不要性で内添抄紙できます。内添抄紙することにより特殊紙(水溶性紙、水解性紙)が製造できます。

キッコレートLD-Aは、他の製紙原料と混抄することで、含水有機溶剤中では紙の強度を有し、水に浸漬すると分散する水解紙になります。

キッコレートHC-Mは、他の製紙原料と混抄することで、酸性の紙を形成し、アルカリ処理することで水溶紙になります。

トキノ9C(ナトリウムCMCを主成分とする紙加工用糊材)

カルボキシメチルセルロースナトリウム、ミョウバン、炭酸カルシウムの混合物

製品情報

製袋用糊材として開発されたトキノ9Cは、簡単に溶解でき製袋機に適した粘性を持っており、また食品添加物のみで構成された安全性の高い糊材です。

尚、防腐・防黴剤として食品添加物のパラオキシ安息香酸ブチルを添加しています。