ニチリン化学工業株式会社

特殊品

キッコレートNAシリーズ(アンモニウムCMC)

カルボキシメチルセルロースアンモニウム

品番 乾燥減量(%) 1%粘度(mPa・s)* pH 灰分(%)
NA-3L 10~20 10~50 5.0~8.0 0.50以下
NA-L 10~20 100~300 5.0~8.0 0.50以下
NA-M 10~20 400~600 5.0~8.0 0.50以下
NA-H 10~20 750~1,000 5.0~8.0 0.50以下

*乾量1%水溶液、BM型粘度計25℃ 60rpmによる

製品情報

アンモニウムCMCは、カルボキシメチル基の末端がアンモニウム(NH4)で置換されたCMCです。アンモニウムCMCは、分子中にナトリウムを含まないため灰分が非常に少なく、また加熱すると分解してNH3が外れ酸型CMCに変化し水不溶性になります。これらの特性を生かし、電池・電子材料やセラミックスなど幅広い分野で使用されています。

濃度と粘度の関係

CMC水溶液の粘度は、その濃度が高くなるにしたがって急激に上昇します。一般的には濃度が2倍になると、粘度は約8~10倍に達します。


アンモニウムCMCの熱重量変化

アンモニウムCMCの熱分析を行った結果、約50℃から水分が揮散し、約100℃からアンモニアが脱離、約200℃から炭化燃焼が進んでいきます。