当社は、1937年に創業し、食品・繊維の仕上糊・マッチの頭薬・鋳型の結合剤用加工澱粉等の製造販売を開始しました。

 1956年には水媒法による『カルボキシメチルセルロース(CMC)』の製造を開始し、水媒法の特色を生かした特殊なCMCを事業の根幹として、独自の技術開発を進めております。

 CMC は、セルロースを原料とするアニオン系高分子で、医薬品・香粧品・食品・製紙・セラミックス・建材・土木ボーリング・農薬・飼料等、極めて広い分野に使用されています。

 現在当社では、医療用崩壊剤として『カルメロースカルシウム』・『クロスカルメロースナトリウム』、ファインセラミックス用として『アンモニウム CMC』および、特殊紙(水溶紙・水解紙・抗菌紙)用として『繊維状CMC』等、ユニークな CMC を製造販売しております。

 また、2000年12月にISO9001を認証取得、さらに2004年5月にはISO14001 を認証取得し、品質管理および環境保全にも努めております。
会社案内
HPトップへ

・会社概要はこちら

・沿革はこちら